格安航空券はなぜ安いのか

海外旅行をする際に必要となるのが航空券。この航空券が旅行会社のホームページなどで格安で手に入れることができます。
格安航空券とよばれるこの航空券ですが、通常の値段の航空券に対して旅行会社が格安で売ることができる理由とはなんでしょうか。
ひとつはツアー客用にまとめ買いをしたチケットをバラ売りうるため安く売ることができる点です。例えば電車の回数券を購入すると一回分は正規の値段より安くなるのと同じ理由です。2つ目に航空券の有効期限が迫っていることもあります。有効期限が決められており融通が利かないことはデメリットになりますが、その分安い運賃を設定することができるのです。3つ目は航空会社が売る航空券の運賃は政府に認可が必要となるのですが、旅行会社が航空会社からチケットを購入し、それをお客に売る際にはこの認可は必要ありません。つまり、旅行会社はお客のニーズに合わせた値段決定ができるため、通常より安い運賃も可能となります。
以上のように格安航空券には値段のメリットがありますが、日程や時間変更が出来ない・マイレージの割合が少ない・予約の変更が出来ないなどの制約があるため、自分の利用目的に合わせた買い方が必要となります。